天気悪いとどうして体調悪くなるの?

調子悪い

天気が悪くなると頭痛がする、膝が痛い 古傷がいたいなどと体調を崩す方がいます。  明日から天気崩れるよ! 天気予報以上に正確に当てる方もいます。 今までは経験的に因果関係はあるようだが、科学的に解明されることはありませんでしたが、実験により少しずつ解明されてきました。

天気

温度と交感神経の関係

温度と気圧の変化が副交感神経と交感神経に大きく影響するということです。 人間の体は自律神経 一般的に活動的な交感神経と リラックスの副交感神経によりうまくバランスを維持しています。 天気が悪い時は気圧が低下しますが、その時人間の体内ではヒスタミンという物質の分泌が増えることがわかってきました。
ヒスタミン ⇒ 血管収縮し血流低下し痛みに敏感 !    詳しくは下記のメカニズムです。
ヒスタミンには血圧を急に下げる、血管を拡張させる、炎症を起こすといった作用があるほか、交感神経を刺激するという働きがあります。  交感神経は、関節や筋肉の周辺で、血管を収縮させて神経を過敏にさせるという働きをすることから、痛みを強く感じることになるというわけです。 また、気圧が下がることにより、大気による体の中方向への力が弱くなり、体が少し膨張します。 低気圧だと空気の海面を押す力が弱いので海面が高くなるのと同じことです。

i自律神経ヒスタミンと痛み

湿度と痛み

湿度が上昇すると発汗がうまくできずに、身体の水分代謝が悪くなります。
つまり体内の水分が多くなるので、むくみやすくなり、血行を悪くなり疲労物質が蓄積されやすくなってしまいます。 また体の内圧が高くなり神経を圧迫して痛みを起こします。 毎年、梅雨時に神経痛が多くなるのはこのためです。       湿度上昇 ⇒ からだむくむ ⇒ 神経刺激
温度が下がると血管は収縮するため、筋肉も固くなり神経痛の通り道が狭くなり影響します。   お天気なので自分でなんともし難いですが、体を冷やさない、積極的に体を動かして血流をよくする。 シャワーでなく入浴により、浴槽内の水の力で押されること、温まることリラックスすることなどでかなり改善します。

 

 

 

新越谷整骨院グループお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る