成長期の子供の膝の痛み 先ずこれを疑え!

オスグッド病

オスグット病(正式名称 「オスグッドシュラッター病(症候群)」)は主に成長期の子供に発症するスポーツ障害と認知されています。主に小学校高学年から中学生、特に運動をしている子供に多く発症する事から成長痛と認識されるケースが多々あります。

成長期の膝の痛み                膝のレントゲン

オスグッド病の原因

オスグッド病は大腿前面部(大腿四頭筋)の筋緊張から痛みが発生します。
大腿四頭筋は膝のお皿(膝蓋骨)に付着し、膝蓋靭帯を通じて脛骨粗面に付着しています。
オスグッド病はこの脛骨粗面へ加わる牽引力が原因となり、脛骨の一部が剥がれたり、大きく隆起し変形してしまうことがある骨の病気です。

 

オスグッド病 どんな症状

オスグッド病の病状は子供たちにより千差万別です。
・膝下を押した時痛みを感じる
・激しい運動をした後のみ痛みを感じる
・歩くだけで痛みを感じる
通常は安静を保つことで症状は治まりますが身体の回復力が低下している場合痛みが長期間かかることがあります。   基本的には女子より男子の発症の方が多いです。 また、オスグッドを発症する子供達は膝下部分だけが固いばかりではなく身体の様々な関節部分も固くなっている事が多い。つまり、身体全体の柔軟性が欠如している状態です。
体を鍛える事も大切です。しかし運動をするばかりでは様々な疾患を発症してしまいますしパフォーマンスもなかなか向上しません。  そうならないためにも運動前・後の筋肉のストレッチが必要です。  ストレッチをすることにより柔軟な筋肉と関節を手に入れ怪我もしにくくなり疲労も軽減されます。  成長期の子供は骨の成長に筋肉が追い付かず膝が痛くなってしまう症状をオスグッドといいます。 筋肉の成長が骨に追いつくと痛みが治ってしまうので軽視しがちですが、放っておくと大人になってから痛みを引きずる結果となってしまうこともあります。 オスグッドの痛みをかばうために無意識のうちに大腿四頭筋を緩めようと、普段から背中をそらすような姿勢をとりがちになってしまいます。  一見姿勢良く見えますが骨盤が前方に傾き脊椎の安定が崩れて腰の筋肉に過度の負担がかかり腰痛になってしまいます。 このように柔軟性が欠如した状態での激しい運動は、腰の骨に負担を大きくかけ、成長期の関節の問題であるオスグッドと同じように、関節に変形をきたし脊椎分離症等を引き起こすことになりかねません。

 

オスグッド病 膝に違和感を感たら

筋肉・関節治療のスペシャリストが居る整骨院などを受診して適切な診断・施術、運動・生活指導を受け治療に専念することをお薦めします  弊社では痛みの原因となる、硬くなっている筋肉や関節の運動指導もしっかりいたしますので安心してお越しください。

新越谷整骨院グループお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る