眼の奥が痛いと感じたら…。内頚動脈の炎症が原因かもしれません。

頭痛でこめかみが痛む

すさまじい痛みの頭痛に襲われたとき、何かの病気かと心配になりませんか? 眼の奥の痛みで、最初に考えるのは群発性頭痛です。

群発性頭痛とその対処方法

1.群発性頭痛とは?

片頭痛や緊張性頭痛と比べると頻度はかなり少なく、女性よりも男性の方が3〜7倍も発症確率が高いのが特徴です。
はっきりとした原因はいまだ解明されていませんが、目の奥の痛みは内頚動脈と言って、眼の後ろの動脈の拡張・炎症が関与していると考えられています。 群発性地震と同じように、ある時期集中して頭痛が起こることから由来する名前です。

季節の変わり目などに眼の奥から側頭部にかけて、数週間から数か月の間は、毎日・短時間の決まった時間に起こります。この時期にアルコールを摂取すると100%頭痛が起こるので控えましょう。 この頭痛は、「激烈な痛み!」「眼がえぐられる痛み!」と表現されるほど強いもので、痛くてじっとしていられない、で頭を壁に打ち付けたり、後頭部を自ら殴ったりとすさまじいものです。 目の充血、涙が出たり、鼻水なども出ます。 また、気圧の急激な変化は血管を拡張させたり、神経を刺激して頭痛を引き起こすこ とがありますので、飛行機や登山などは注意が必要です。

 

2.群発性頭痛の対策

群発頭痛の激痛は、鎮痛薬を飲んでも効果が出ないことが多く、対処療法となります。 今現在もっとも効果的な療法は「純酸素吸入法」です。 純酸素吸入法は、純度100%の酸素を型酸素ボンベからフェイスマスクを通して毎分7リットルを15分吸入する治療 法で、たいていは酸素を吸入して5分ほどで痛みは軽くなってきます。発作が起こったら、できるだけ早く行うと、より効果的です。この方法は8割の人に効果 があるといわれています。

 

3.群発性頭痛 当院でのおすすめ対処法

現代医学でも群発性頭痛の改善は難しいですが、東洋医学には未病を治す! という考え方があります。  つまり体調を整える医療です。 頭痛の多くは ストレスや 首肩こり などの隠れた原因が大きく関与するので体の歪みを改善しこれらの症状を取り除くことにより、ストレスもかなり軽減しますので 毎日の生活もリフレッシュしたものになり、頭痛の予防ができると思われます。 皆さんの快適の生活の為に新越谷整骨院グループをご利用ください。

 

新越谷整骨院グループお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る