出産前の体調管理てどうしたらいいの  便秘編

020322

妊娠中のケア  便秘編

妊娠すると便秘になりやすいです。妊婦の悩みとして大勢の方が悩んでいます。
そこで妊娠中のケアとして今回は便秘について原因や対策について書いていきたいと思います。

1.どうして妊娠中に便秘になりやすいの?

妊娠中の便秘には大きく分けて『直腸性便秘』と『弛緩性便秘』の2種類があります。
『直腸性便秘』とは?
これは便が大腸での排出遅延が起こり、便の水分が普通以上に吸収されてしまうために起こります。
原因として女性ホルモンのひとつの黄体ホルモンの分泌が盛んになります。黄体ホルモンには、大腸の蠕動運動を抑える作用があるため、便秘になりやすくなるのです。
また妊娠後期には赤ちゃんや子宮の増大により圧迫を受け大腸や小腸の動きが悪くなります。大腸や小腸は背中の方に移動してしまいます。
『弛緩性便秘』とは?
妊娠をするとプロゲステロンというホルモンが分泌されます。
そのホルモンは胃や腸にある平滑筋を弛緩させる作用があり、大腸や小腸の蠕動運動を低下させます。
その為に便秘になりやすくなります。
その他の原因
・つわりで食事があまり食べられなくなったり、嗜好の変化。
・運動不足。
・お腹が大きくなるとトイレでの姿勢がつらい。
・排便時にお腹に力を入れる事への不安感。
・ストレス。
など色々な原因が考えられます。

2、妊娠中 便秘になると

痔や静脈瘤になりやすくなります。
また、ガスもお腹に溜まりやすくなるとお腹も張りやすくなり苦しくなります。

3、妊娠中の便秘対策

・規則正しい生活を送る。
対策としては規則正しい生活を心がけることが一番です。
まずは1日3回きちんと食事を取ることが大切です。
また朝は時間に余裕を持ち、食事後決まった時間にトイレに行くように習慣をつけると良いでしょう。

野菜サラダ
・食事内容を見直す。
つわりがひどい場合は無理をする必要がありませんがバランスを考えて食物繊維が多く含む食材を取っていきましょう
例:白米→玄米や雑穀米、パン→ライ麦パンや雑穀パン、ところてんやこんにゃくゼリー、ナタデココは水分も多くてとても適しています。
・水分は多めにとりましょう。
朝起きたら、コップ一杯の水を飲みましょう。 牛乳や硬水(腸の蠕動運動を促進すると言われています。)などならもっと良いでしょう。
・適度な運動
医師からの禁止が無ければ、ウォーキングやマタニティヨガ、マタニティスイミングなど適度な運動を心がけましょう。 特にウォーキングはしっかり腕を振り、地面を蹴って歩くようにすると効果的です。

 

63
・身体を温めましょう。
身体を温めると腸の動きも活発になります。のぼせない程度にお風呂に入ったり温かい飲み物を飲みましょう。
・便秘に効くツボやマッサージも効果的
『神門』・・・小指と薬指の中央を左手首まで下がった場所。長の蠕動運動を活発にして便秘を解消します。
『大腸ゆ』・・・腰骨の一番上の高さで背骨の中心から2指分外側にいった所です。下半身の緊張をとり大腸の働きを調整します。左側を重点的に行うのがポイントです。
『土踏まず』……土踏まずにも小腸と大腸の反射区があります。時計回りにマッサージすると腸を刺激します。足の疲れも取れて、効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る