膝が伸びない、体重をかけると痛む!

体重をかけると膝が痛む、膝が伸びない、ある角度から曲がらないなどは、典型的な半月板の症状です。 半月板損傷は比較的多い疾患なので膝の痛みで悩んでいる方がいましたら参考にして下さい。

 膝の軟骨

半月板とは?

まずは半月板についてお話します。半月板とは膝関節の内側と外側に1個ずつある三日月形の繊維性軟骨組織です。半月板の役割は、膝関節に加わる衝撃が1か所に集中しないように分散させるクッションの働きと膝を安定させる役目があります。

 半月板損傷の原因

膝は体の中でも特に体重による負荷が大きくかかる箇所です。その為に半月板にも大きな力が加わります。半月板損傷は膝に負荷がかかった状態で急な切り替えし(膝関節を曲げた状態で回旋運動をする)をして痛めます。

スポーツなどをしている時に起こることが大部分ですが、転んで膝を強く打ちつけて痛める場合もあります。また加齢によるものや前十字靭帯損傷などに合併して起こることもあります。

 半月板損傷の症状

膝に体重を乗せた時に痛みがある。
膝の曲げ伸ばしをした時に痛みがある。
一定以上曲げられなくなる。
膝の内側や外側を押すと痛みがある。
などがあります。酷くなると水が溜まったり、歩行痛がでたり膝関節が動かなくなります(ロッキング症状)。

 半月板損傷の治療

当院では徒手検査などを使いしっかり検査をし、また膝関節の歪み、周りの関節の可動域をチェックして治療をしていきます。炎症がある時は超音波治療器や特殊電気を使い炎症を抑えていきます。

大腿と下腿が捻じれていたりすると半月板に負担がかかりますので膝関節の歪みをみて矯正していきます。また股関節、足関節の可動域が悪くても負担がかかりますので可動域が悪くないか検査をして可動域を上げる手技や、マッサージやストレッチを行います。

場合によってはテーピングで固定をしていきます。受傷後、膝関節の周りの筋肉は筋力が弱くなりますので運動指導もしっかりやらせて頂きます。

Evernote Camera Roll 20141105 162252  痛みをとる電気治療  膝のマニュピュレ―ション

膝の痛みで悩まれている方、半月板損傷以外でも当院はしっかり検査をし治療を行いますので一度御相談下さい。

 

 

整骨院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る